【台湾 5日】 デング熱は、台湾で正常になりつつある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

5日、政府は蚊が媒介する疾患の予防のための全国的な行動計画を発表したとして、デング熱の流行は台湾で正常にななりつつあると、毛治国首相が環境保護総局によって組織されたデング熱予防に関するフォーラムで発表した。国民はデング熱の流行は毎年台湾で発生する可能性があることを知っておく必要があり、これは小規模な流行ではないことを留意しなければならないとした。専門家は5月と6月中に台湾で毎年恒例の梅雨の季節は、デング熱の発生を防止するための重要な時期であり、デング熱のシーズンの到来前に対策を実施することを提案した。そして台湾が大発生に対処するための標準的な操作手順を研究し、確立するための努力をステップアップするために、環境、公衆衛生、昆虫制御や気象当局の専門家に求めた。環境保護総局は、5日にコミュニティレベルでデング熱予防のための全国的な行動計画を発表し、水容器を空にするなどのアクションを取ることによって、繁殖地の周辺をクリアするために市民を動員し、地域の環境部局を求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存