【フィリピン 5日】 選挙管理委員会と与党上院選挙裁判所の認識の相違

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

大統領はグレース・ポー氏の与党上院選挙裁判所の決定をサポートするために、弁護士全般に影響を与えていることがあるらしいと、元世論調査の責任者は述べている。5日に元選挙チーフのシクスト・ブリランテス・ジュニアは、フィリピン政府のトップ弁護士が最高裁の前に世論調査を発表することを拒否することは珍しいことではないと述べた。選挙管理委員会のアンドレス・バウティスタ会長は、弁護士一般はグレース・ポー上院議員の立候補を伴う場合の世論調査を発表しないことを決定した後、世論調査体が自分自身を守るために残されていると述べた。弁護士一般は、以前ポー氏の賛成で与党上院選挙裁判所を擁護していた。しかし選管の決定は、選挙裁判所の判断と反対になる。アキノ大統領は、ブリランテスチーフを非常に若い弁護士だが、非常に知的な弁護士だと評価し、選管は現在、最高裁の前に保身のために、独自の法律部門に依存していると批判している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存