【台湾 4日】 台湾の新年の花火

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾高雄の台北101とE -DAワールドなどで、いくつかのカウントダウンパーティーや花火が開催され2016年を祝った。台北101は、午前零時を始まりに、花火30,000発が設定され、連続 238秒の花火が記憶更新を打ち立てた。テーマは「自然は未来」で、ディスプレイが環境意識を高めるために、魚の画像や植物を様々に描き出した。今年は花火としては最後になるかもしれないという話題もあり、たくさんの観客に見守られたイベントだった。一方E -DAワールドでは、連続888秒という台湾最長の花火が上がった。8が並んだのは、中国に富や幸運を意味と同じような発音を持つため、中国の文化の中で8がラッキーナンバーであると考えられているからである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存