【台湾 23日】 14人のオーバーステイのインド人を拘束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

23日、国立移民庁は、台湾北部の桃園でビザの滞在期間を超えて滞在していた14人のインド人を拘束したと報告した。移民庁によると、非常に多くのインド人不法残留者が近年にあり、以前は珍しいことだったが次第に増加し、雇用の代理店が違法に彼らを採用したあと、不法滞在となったインド人を追放したことで事態が起こったと思われる。桃園の大渓地区では、多くの外国人労働者が似た状態に置かれているという。雇用代理店の専門操作旅団は、監視操作を開始し、違法操作を行っていると思われる。これらインド人は30日間の観光ビザや短期ビジネス滞在ビザで台湾に入り、それらのほとんどが1年以上台湾に滞在させられ、2年を超えるものもあったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存