【台湾 23日】 台北当局は2016年の旅行の目的地を奨める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

22日、台北市は、2016年の推奨旅行先として米国ベースの旅行ガイドで二つの異なるプランを作成した。英語の旅行や観光情報の世界最大の出版社の一つフォーダー社の、2016年に訪問する25の目的地のその「ゴーリスト」に台北が含まれている。旅行ガイドでは、2016年に世界デザイン首都として注目されステッピング現代のアジアの巨大都市としての台北を強調しているという。平和な公園が騒いで混沌とした市場と融合し、最先端のホテルやナイトスポットが華やかな雰囲気に包まれ、近代的な高層ビルは巨大な古代寺院の塔と共に賑やかにそびえ、非常に国際的な都市であると台湾のを説明している。フォーダーの「ゴーリスト」には、ユタ州の国立公園、オーストラリア、アブフィラデルフィア、カリフォルニア州パームスプリングス、キューバ、ハイチ、グアドループ、リトアニア、ドイツのバイエルン、フランスのノルマンディー、ネパール、フィリピン、グアム、アデレードやドバイ、エクアドルなども含まれている。台北はまた、50の旅行先ランキングに19位でランクインし、このことから台北市は2016年に旅行する最高の場所としてトラベル+レジャーのプランを作成したという。旅行先ランキングののトップ10には、パナマのボカス・デルトロ、メキシコのグアダラハラ、バージニア州リッチモンド、フランスのリール、ハワイのラナイ島、中国の杭州、ポルトガルのドウロバレー、ドイツのフランクフルト、ク、ニュージャージー州アズベリー・パーが含まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存