【台湾 21日】 台湾が初の外国人訪問者1000万人を記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

20日、イタリア系アメリカ人の男性が、19日にロサンゼルスから中国航空便で台湾桃園国際空港に到着し、今年台湾を訪れた1,000万人目の訪問者となった。1000万人を記録したのは初めてである。34歳のコンピュータエンジニアのこの男性は、妻と一緒に5:08に空港に到着の際、台湾観光局のスタッフから温かい歓迎を受けた。台湾への訪問は今回が初めてのことであり、とても嬉しいと男性は語っていた。夫妻は歓迎式典に出席し、記念品などを受け取り、これから2週間台湾に滞在するという。さらに台湾名物の餃子をランチとして振る舞われ、観光局からは数々のお土産も用意された。この1000万人を達成した観光客の到着は、事務局の広報によると、大変喜ばしいことであり、これからの滞在中にも二人には様々な支援があるという。政府は台湾の観光の可能性を促進することを目的に、30億台湾ドル(約9.11億米ドル)を拠出して多面的計画を開始すると、広報担当者は語った。台湾は2008年以降、年間100万人の外国人訪問者の着実な増加を見ている。昨年は、991万人を超える外国人観光客数を記録していた。19日に千万人をマークした後、政府は来年1075万人の外国到着数の新たな目標を設定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存