【フィリピン 18日】 デュテルテ氏が選管に感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

18日、ダバオ市のロドリゴ・デュテルテ市長は、大統領候補としての許可書を受け入れた選挙委員会に感謝した。デュテルテ氏は会見で、自分を法的に認めていただいたことに感謝すると述べ、今回の決定が出るまで、いかなる結果が出てもそれに従うとしていただけに嬉しい表情を見せた。選挙管理委員会の大法廷では、7名の委員によってデュテルテ氏の認可について投票が行われ、6対1で出馬を認める票が多かった。しかし選管の会長であるアンドレス・バウティスタ氏は、デュテルテ氏に対して今回の判断は出馬申請や本人の意思などに対し何の偏見もなく判断されたことを強調した。世論調査では、グレース・ポー氏とともに評価の高いデュテルテ氏なだけにこの判断は評価されるべきとのことだが、一番人気のポー氏の最終判断がまだ見えないだけに、まだ世間の評価は落ち着いていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存