【台湾 14日】 食品の安全性に関連する未成年の心配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

13日、食品の安全性は、市民グループが発表した調査によると、ほとんどの台湾の18歳以下の若者を心配するものだったという。調査では、中学・高校生の中では、それらの52%が食品の安全性を解決する必要が社会問題であると述べているという。若い回答者に関するその他の問題は、キャンパスの安全性(42.9%)、交通安全問題(39.7パーセント)、および学業の過負荷(39.4%)であったという。さらにキャンパスでのいじめ(37.6パーセント)、オンラインでのいじめ問題(36.4%)、テレビ番組やメディアの報道の低品質(34.5パーセント)、個人のプライバシー保護の問題(33.6パーセント)、および学生の参加が欠如している福祉と利益(29.8パーセント)と続く。こういった問題は、1月の総統戦の候補3組の政策にも関連し、特に交通安全、オンラインいじめ、個人のプライバシーやキャンパスの民主主義などの問題は大きいが、候補者の政策発表では具体的な解決策は示されていない。今回の調査は9月16日から11月3日まで実施され、ランダムに選択された中学・高校生 2244人の有効なサンプルの合計を収集したもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存