【台湾 14日】 シンクタンクは台湾の2015年成長率予想を0.93%に修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

14日、台湾有数の経済シンクタンクである中華経済研究院は 、2015年の国内総生産(GDP )の上向きの見通しを修正したことを明らかに、以前の予想から最大0.03 %上方修正して0.93%とすると述べた。同シンクタンクはまた、2016年には台湾のGDP成長を2.24%と予測している。世界的な需要を弱めることによって生じた地域経済の低迷を理由に業績予想を出したとしている。そして低迷する外需に、台湾の純輸出は経済成長が主に国内需要に依存したため、今年第2四半期以降減少して修正する結果となったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存