【フィリピン 30日】 民族主義人民連合はデュテルテ氏にポー氏から若干票が移動か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

民族主義人民連合の代表は上院議員エスクデロ/ポーのタンデムを確認している。イサベラ代表のジョルディジ・アッガバロ氏は、フィリピン第二の最大政党民族主義人民連合の代表であるが、いくつかの同連合のメンバーはダバオ市市長ロドリゴ・デュテルテ氏へ支持をシフトする可能性の問題を一蹴した。デュテルテ氏は、2016年の大統領選に立候補する意向を宣言しているが、アッガバロ氏は何人かの政治家がダバオ市から来る可能性はあるとした。しかし、彼らはダバオ州の候補者に限定され、無視できる範囲であるという。そしてほとんどの連合のサポートは全国的にエスクデロ/ポー支持で固体のままと思っていいと断言した。公式宣言はまだないが、民族主義人民連合は広くポー/エスクデロタンデムをサポートしていると考えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存