【台湾 9日】 中国の変革の中で岐路に立つ台湾のメーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

9日、より良い管理と製品の差別化を通じてアップグレードするか、移転や閉鎖を検討するか、中国の高騰運用コストに直面して台湾の古い産業メーカーは厳しい選択に直面している。北部の江蘇省の連雲港にある台湾のビジネス協会のヘッドは、台湾企業はその選択のための第3の都市を選択し、低コストと豊富な労働力を利用して非ハイテク品のほとんどはメーカーが活動すると発表。人件費が中国で急速に上昇し、しかし連雲港で活動する台湾企業が存続するためには彼らのビジネスを変革することを余儀なくされており、ジレンマを感じているという。また子供たちが自分の会社を引き継ぐことを望んでいない場合は、ビジネスにとどまることに消極的で、いくつかの第一世代の後継者を残して、容量を拡張し、高収入のリターンを生成するために、機器や多くの時間に投資する資本を大量に必要としている。人件費の高騰の圧力の下で、一部の台湾企業は、ミャンマーに業務を移転することも決定しているという。台湾企業は、より高い生産性のため、より良い経営と生産コストの削減を含め、多くの分野での中国の対応に応えているが、彼らはまた、借入金の返済や専門家の確保の難しさなど、多くの課題に直面している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存