【フィリピン 8日】 マルコス支持者がデュテルテ氏に支援を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マルコスの支持者は、「処刑人」として知られているデュテルテ市長に対し、そのランニングメイトとして独裁者の息子(マルコス)を選ぶべきだという。フェルナンド・マルコス・ジュニア上院議員の支持者は、デュテルテ氏の副大統領候補としてマルコスを選択するよう、ダバオ市長ロドリゴ・デュテルテ氏を促すために、8日の選挙委員会を訪れた。副大統領候補として活動しているマルコス氏の支持者は、上院議員アラン・ピーター・カジェタノと並んで、8日の早朝に選管の前に集結。そして選管を訪れるデュテルテ氏を待ち、デュテルテ -マルコスとデュテルテ -カジェタのバナーを数多く用意して出迎えた。カジェタノ氏はデュテルテ氏が選択した副大統領候補だが、集まった支持者たちはデュテルテ市長はマルコス氏を選ぶべきであると声を上げた。フィリピンでの最近の世論調査では、回答者の38%が、大統領としてデュテルテ市長に投票すると発表。地域別ではルソン島で26%、ヴィサヤでは44%、ミンダナオでは50%となっている。その一番弱いルソン島でのマルコス氏の人気が高く、デュテルテ-マルコスが組めば勝利は可能だと述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存