【台湾 7日】 イスラム教徒のコミュニティの台湾の快適な住処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イスラム教徒は約15.7億人の総信仰者がいるとされているが、少数の教えを曲げて理解した組織の愚かな行いにより、世界中のニュースの見出しに登場している。イスラム教徒のコミュニティが多くの国で誤解され、間違った関係を抱かれているが、台湾ではイスラム教徒は快適な住居を見つけているようだ。イスラム教は、17世紀初頭に台湾に伝来した。そして台湾からオランダを失脚させるために貢献した中国本土からの兵士たちによってもたらされた。いくつかの家族が保存するイスラム葬祭儀式としてそれが残っており、または先祖の祭壇にコーランのコピーが風化しながら存在し、彼らは最終的には台湾の文化や宗教と融合している。国民主体の中華民国政府は1949年に台湾に移転し、約2万人のイスラム教徒も彼らと共に来たとき、イスラム教は台湾で蘇ったという。イスラム教徒は、2300万人の台湾の総人口の約0.1%を占め、台湾の宗教としては小さな割合である。しかしその中にはインドネシアからの約20万人のイスラム教徒の移民労働者は含まれていない。またマレーシアや他の東南アジアからの移民労働者やさらに遠くからの海外からの移民と共に台湾のイスラム教は存在している。台湾のほとんどのイスラム教徒は主流のスンニ派であるが、台湾では派閥の違いによる衝突は発生していない。それは彼らがイスラムの特定の宗派としてではなく、より広義の同胞として存在する傾向があるからだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存