【台湾 3日】 高雄MRTは黒字化する見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

3日、高雄の大量高速輸送(MRT)システムは、今年 80万台湾ドルの利益を産むことが期待され、来年には収支が均衡する可能性があると、高雄・ラピッド・トランジット社は発表している。高雄MRTは、8年前にサービスを開始したが、システムは深刻な営業損失と旅客の低下で打撃を受けた。しかし、市政府の支援を受けて、システムの動作が大幅に向上し、年間で乗客も増加させ、その結果改善の兆しを見せた。企業努力によるコスト削減で、今年は一日あたり平均で2,000人少ない乗客数167,000人/日でも、そのチケット販売収入は増加したと言う。また深刻な損失とされた昨年発生したシステム障害に、市政府はMRTの安定化基金から 190万台湾ドルを注入することを決定し、先月、同社は80万台湾ドルの黒字を達成した。来年は1日の乗客数175,000人を目指し、営業努力を続けていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存