【台湾 3日】 台湾の国連気候変動サミットで1回目のために表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

3日、台湾の環境保護総局のトップ一行は、初めて気候変動に関する国連会議に出席するためにパリに向けて出発し、気候変動へのグローバルな対応を行う。総局の魏国光円長官は、パリで12月11日まで開催される気候変動に関する国際連合枠組条約の締約国及び締約国会議の第11回セッションの会議と第21回セッションの会議に出席する。京都議定書の締約国として台湾は、国際連合枠組条約の当事者ではない。魏長官は、気候変動問題に対する世界の反応に貢献する台湾の参加で、新たな突破口となることを望んでいるという。これらの会議に出席することに加えて、魏長官は、気候変動と戦うために台湾の取り組みについて、サイドイベントでスピーチも行うという。パリの会議で台湾の出席が気候変動へのグローバルな対応の最新動向についての直接の情報を入手する機会を与えるだろうと、長官は語った。台湾のような島国は、国際的な規制の温室効果ガス排出量のメカニズム、および炭素税システム上の極端な気候の影響など、特定の問題に特別な注意を払わなければならないとしている。気候変動会議では、190以上の締約国からの代表者が効果的に二酸化炭素排出量を削減し、地球温暖化を緩和します歴史的な合意に達するために行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存