【台湾 2日】 澎湖は冬のバードウォッチングの理想的な場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2日、最近の数週間で、澎湖諸島の馬公本島はバードウォッチャーの絶好の場所になっている。潮が引く時間帯にチョングァンダイクに入り、様々な渡り鳥を観察するにはとても適している、冬に人気のバードウォッチングサイトである。澎湖群島は、冬には、北東アジアからの多く南へ移動する渡り鳥の飛行ルートの中心であり、今年は渡り鳥としてダイシャクシギ 、白鳥、ガチョウ、ハイイロガンガチョウ、クロツラヘラサギやヨーロッパムクドリなど多種多様が見られると、澎湖県政府は述べている。またチョングアンダイクサイクリングルートに沿って、バードウォッチャーは、潮間帯でダイシャクシギの採餌が数十箇所で見つけることができたと興奮していたという。ダイシャクシギのような小さな渡り鳥は、県政府によると、この地域でも滅多に目撃されていないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存