【フィリピン 1日】 米軍海兵隊ペンバートン有罪で刑務所に送致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピン人のトランスジェンダーの女性が、ホテルオロンガポの浴室で死体で発見された事件の判決は、一年かけて結審した。オロンガポの裁判所は、1日、フィリピン人のトランスジェンダーの女性ジェニファー・ロードさんの死亡を殺人と判断し、合理的な疑いを超えて、米海兵ジョセフ・スコット・ペンバートンを有罪とした。6年から12年の刑が科せられる模様。またペンバートンはロードさんの相続人に民事賠償で5万ペソを支払うように命じられていたが、今回損害賠償として432万ペソを支払うよう新たに命じられた。これには埋葬や葬儀費用、道徳的な損害賠償、そして懲罰的損害賠償が含まれる。今回の判決は、今後フィリピン共和国を訪問するかもしれない米国のすべての軍人と文民要員に抑止力として機能するようにとの意味合いも含まれていると思われ、すべてのフィリピン人の市民は、彼/彼女の性的指向に関係なく、フィリピン共和国の法律によって守られていることを表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存