【台湾 27日】 大気汚染問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

26日、ローカルソースから発表された台湾上空で見つかった汚染物質の高濃度が公式に明らかにされた。9月後半から11月中旬の間に、2.5マイクロメートル(PM2.5)よりも小さい微粒子は、中央と南部台湾では不健康なレベルに達している日が多くあったと、雲林県の環境保護局の張喬維局長が述べた。同局長は、今季は東風が中央山脈によってブロックされているなどの問題の背後にある理由の一つは、西海岸に汚染を分散させる風の欠如であると語った。そして局長は、外国の汚染物質が、昨年台湾で通常を超える空気の質の悪さの元凶と思われたが、今年の問題は地元の汚染物質によって引き起こされていると、環境資源管理のトランスワールド大学の大学院大学が保有するPM2.5の経営戦略上の学術フォーラムで語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存