【フィリピン 24日】 国連開発計画アジアチーフが気候の危機を抑制するために再考する時間を懸念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パリの国連気候変動サミットで、フィリピンのような気候に脆弱な国々を開発するための危機に瀕してどうするべきか、国連開発計画アジアチーフが懸念を呈している。気候変動は、私たちの環境に起こった現象以上のもので、人間社会が作り上げたものである。アジア太平洋担当の国連開発計画リージョナルディレクターは、この問題は、社会が本当に向き合う必要があると思うと語り、他のすべてのコスト削減や利益の無謀な追求を継続していては問題の解決には繋がらないと警鐘を鳴らす。それは人類の共通の価値観である必要があり、すべての人が考えなければならないことであるという。自然のバランスと調和した人間社会の開発は11月30日から12月11日にフランスのパリで開催される待望の国連気候変動会議の目標の一つである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存