【台湾 23日】 寒冷前線は台湾北部に移動すると予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

23日、台湾北部の気温は、秋の始まりを感じさせる最強の冷気団塊として今週後半は13度Cまで下がることが期待されると、中央気象局が明らかにした。北から冷たい空気が流入し、台湾北部の気温は26日には13度まで落下し、27日から翌週までも影響を与えると思われる。雨も25日に台湾北部で予想されているが、その後天候が再び温まるとともに、27日には止むという。そして28日の土曜には、 25度を超える暖かさが戻り、天気は安定すると中央気象局は述べている。寒冷前線が昼夜の温度に多少変動をもたらすが、中央部と南部には影響しないと予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存