【台湾 23日】 第52回ゴールデンホース賞でアサシン」最大の勝者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

21日、台湾の映画監督侯孝賢氏の武術映画「暗殺者(アサシン)」が、最優秀長編映画を含む5つの主要な賞にノミネートされ、第52回金馬賞での最大の有力候補として浮上した。同作品は絶賛され、その他11部門でノミネートされる結果となった。ゴールデンホース賞は、アカデミー賞の台湾版とも言える、最高の映画撮影、最高のメイクや衣装デザイン、そして最高のサウンドエフェクトなどを表彰する映画祭であり、侯孝賢監督は最優秀監督賞を獲得した。受賞の喜びを語るスピーチで、同氏は長年の映画を主に作ってきたスタッフに感謝し、これからも最高の映画を作り続けていきたいと語った。映画「アサシン」は、9世紀の中国が舞台で、一般の娘が修道女によって暗殺者に育てられてゆく物語である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存