【台湾 20日】 ウーバー肯定の裁判所の判決に反論する政府

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、台湾道路総局は、契約一般ドライバーによるタクシー的システム、ウーバーの台湾での操業を中止させるという決定を覆す裁判所の判決に控訴することを発表した。ウーバーについて、台北の高等行政裁判所は最近、有利な判決を下し、高速道路局の罰金と台湾のウーバーの営業を停止する順序を覆した。ウーバーとそのドライバーは、輸送サービスのライセンスを受けていない事業者を禁止する2014年9月に施行された台湾の道路法によって、罰金が課せられている。実際17日、ウーバーは、高速道路の権限に応じて、1150万台湾ドルの罰金を科され、そのドライバーにも35万台湾ドルが課せられている。この判決で裁判所は、当局は違反が発生した正確な引用で明確に述べることができなかったとして、2014年12月から2015年1月の間にユーバーに課された230万台湾ドルを棄却し、情報サービス、コンサルティング、およびサードパーティ決済サービスなど、同社の登録内容は該当しないため、裁判所によると、道路総局は道路法に基づくウーバーの行いを中止させる権限を持っていないと判断した。これに対し運輸通信省は実際にウーバーがタクシーサービスを行っているとして反論、控訴する高速道路機関の意思決定への支持を表明した。同省はウーバーが運賃と安全性に関する政府の規制に従っていないため、市場を破壊していると述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存