【台湾 20日】 APEC首脳宣言に含まれる台湾の提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、台湾の5つの提案やプログラムが、マニラのAPEC首脳会議の閉会の際にに発行されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の宣言に含まれた。5つの提案は、貿易・投資を促進するための「APEC官民パートナーシップの強化」「APEC中小企業の自然災害回復力の改善」「APEC防災能力開発センター設立」「サポート技術情報流通プラットフォーム」「エナジースマートコミュニティ構想」であり、「食品サプライチェーンの損失を低減」と「女性と経済開発のための革新」というプログラムも採択された。また台湾によって提案された行動計画は「非効率な化石燃料補助金に自主的監査を行う」である。APEC首脳のマニラ宣言は、APECメンバーが包括的経済を構築するために、来年度に実施し、新たな約束を結んだ。首脳らはまた、多角的貿易システムと第10回WTO閣僚会議の支援にも同意。2016年APEC首脳会議はペルーが主催となる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存