【台湾 19日】 台湾北部は来週から涼しくなる模様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、台湾では異常とも言える暖かい天候が続いているが、弱まっていた季節風が平年並みに強まってきており、来週の24日ごろから気温の低下が予想されると、中央気象局が発表した。台湾北部では20℃を下回る模様で、そこに降雨が台湾東部に期待されると、予報官は語った。台湾はこの秋から最強の冷たい高気圧の影響下に入った場合でも天気は、涼しくなるのは来週の23日から始まる見通しであると、国立中央大学での気象学の教授は述べている。台北のこの秋の最低気温は11月2日に記録した19.6度だった。中央および南台湾は、あまり高気圧の影響を受ける可能性は少なく、20〜30度の暖かな気候が予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存