【台湾 19日】 台湾は今年1000万人の訪問者目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

18日、台湾の観光局が観光客を誘致するためのプロモーション目標を1000万人とすることが発表された。このキャンペーンでは、10 LDCホテルズ&リゾートでのいずれかで無料宿泊を獲得するために、過去4年間で台湾への頻繁に訪れている上位5つのソースからの訪問者が対象になるという。キャンペーンは観光局によると、11月末で終了するまでに、日本、香港、マカオ、米国、マレーシア、シンガポールからのそれぞれ選ばれた1人のビジターが、ホテルでダブルルーム宿泊のクーポンを獲得するという。この該当者にはすでに2013年以来台湾へ110回訪れている日本人と54回訪れているシンガポール人が含まれているという。受賞者は12月7日に発表され、その際2015年の1000万人の訪問者達成が期待されるという。統計によると、すでにこれまでの10ヶ月の間に、847万人の国際来場者を記録していて、そのうち41.28パーセントにあたる約350万人は、中国本土からであったという。その他の国からは、日本(130万)、香港、マカオ(123万)、韓国(530034)、および米国(384715)、マレーシア(319512)、シンガポール(276401)、ヨーロッパ(224684)、オーストラリアとニュージーランド(68830)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存