【フィリピン 19日】 APEC首脳夫人らがマニラ城壁都市を観覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アジア太平洋経済協力会議(APEC )に参加している指導者の夫人らが、19日、マニラのイントラムロスの歴史的城壁都市を観覧した。フィリピンのアキノ大統領の姉妹が主催したもので、ツアーのコンセプトは、スペイン文化が漂うフィリピンの歴史を感じて散策するものとなった。この日、APEC事務局長アラン・ボラード氏の妻ジェニファー・アン・モレルさんを含む、APEC首脳の配偶者8名がツアーに参加した。参加したのは、レジーナトンチン・イー(香港)ムフィダ・ユスフカラ(インドネシア)安倍昭恵(日本)ロスマー・マンソル(マレーシア)ホー・チン(シンガポール)スーザン・チュー(チャイニーズタイペイ)ナラポーン・チャン・オチャ(タイ)舞ティハン(ベトナム)の8名。サンチャゴ要塞でのツアーの間に、夫人らはフィリピン人の伝統的な結婚式を祝う舞踊を閲覧した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存