【台湾 18日】 エリック・チュー氏は副総統候補として元労働大臣を指名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

18日、エリック・チュー(朱立倫)与党国民党大統領候補は、1月の総統選挙のランニングメイトとして、元労働大臣の王如玄氏を指名、国民党中央常務委員会で発表した。また、親民党の議長である宋楚瑜総統候補は、副総統候補として民國黨会長の徐欣瑩氏を選択したことを発表した。宋氏は、連立政権を望んでおり、徐欣瑩氏と組むことで、党派闘争に弾みをつけ、共通の理想を見つけたいという。民進党と国民党はこれまで16年間の二大政党として政権を担っているが、国民を失望させていると、 親民党の宋氏は述べ、台湾が新たに団結するためにも我々が働かなければならないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存