【台湾 18日】 2015年の台北での感謝祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最も外国人居住者がホームシックに感じるという祝日のメインは感謝祭だと言われる。この日の典型的行事は、七面鳥、スイートポテト、コーンブレッドとパンプキンパイのような歓喜の饗宴を介して家族と一緒に過ごすことだ。台北の感謝祭の広がりを実現するために、食事をしたり、オプションを提供する21のレストランなどが紹介されている。価格帯は 590〜799台湾ドル、 800〜999台湾ドル、1000〜2000台湾ドル、2001台湾ドル以上と様々だが、いくつか紹介しよう。台北のカーネギー11月23-26日は、3コースのランチやディナー感謝祭を満喫できる。クラムチャウダーとシーザーサラダの前菜に続き、伝統的なスタッフィングコーンブレッド、クリーミーなマッシュポテト、グレービーとクランベリーとローストターキーに進む。デザートにパンプキンパイで締めくくり。七面鳥の丸焼きの持ち帰りも可能だ。ウェイレンでは、 11月26日に一夜限りのアメリカの感謝祭を開催する。スタッフィング、マッシュポテト、ロースト野菜とクランベリーソースと七面鳥が楽しめる。また、コーンブレッドとサラダとニホンカボチャのスープが提供され、自家製パンプキンパイもあり、アメリカンフットボールを大画面テレビで観戦できる。ウェンデルベーカリー&ビストロの今月のダイナーは感謝祭を提供するために、通常のドイツ料理ではなく、ローストターキー、前菜、サラダ、スープ、その他料理、デザートと飲み物が含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存