【フィリピン 18日】 オバマ氏はAPECビジネスリーダーとの対話を欠席

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バラク・オバマ米大統領は18日のAPECでのアジア太平洋経済協力首脳対話への参加を見送った。20カ国からなるAPEC首脳またはその代理人は、テレビやオンライン上でその到着をライブビデオ映像で放送され、フィリピン国際コンベンションセンターに出席したが、オバマ大統領は出席せず、代わりに米国通商代表マイケル・フローマン氏が出席となった。また午後のイベントは、APECにおける民間セクターとの対話とAPEC首脳の公式歓迎を行うAPECビジネス諮問委員会(ABAC)となるが、オバマ氏は参加せず、気候変動のスピーチやAPEC首脳会議でのパネルディスカッションにのみ出席した。オバマ氏はまた、18日の朝にフィリピン大統領ベニグノ・アキノ3世との二国間会議を開催し、米比連携して中国の南シナ海進出問題に対し牽制し、APECでも圧力をかけるよう合意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存