【台湾 17日】 台湾は蔡英文のリーダーシップの下で良くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

16日、野党民進党総統候補の蔡英文氏のランニングメイトである陳建仁氏は、この日、知恵と勇気と慈悲のある政治家として蔡英文氏を賞賛し、台湾は彼女のリーダーシップの下で良くなることは間違いないと語った。蔡氏は公式に彼女のランニングメイトとして、中央研究院の疫学者の陳建仁氏を副総統候補として確定したという。2016年1月には、総統選挙が行われ、天国か地獄かが決まり、回帰や改革に向かうかどうかは台湾人の選択に依存される。陳氏は蔡氏にとって専門が学術研究であるため、彼女のランニングメイトになることを彼に尋ねたとき、しばらく研究作業はできなくなるだろうと語った。そして台湾を点灯するために燃える小さなろうそくに自らをたとえ、「世の光隣、地の塩であるために使命を感じた。そして台湾の豊かな生活のために身を粉にして努めたい」と述べた。陳氏はすでに蔡政権となった際のバイオテクノロジー、医療政策を起草したところ、蔡氏は忙しいスケジュールにもかかわらず、議論に参加したという。陳氏も、蔡氏の非常に鋭い視点に感銘を受け、彼女のハードワークに感動したと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存