【フィリピン 17日】 フィリピンが気候変動に脆弱な国の2016年リストで改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

気候変動に対して非常に脆弱としてタグ付けされていたインドでは、部分的に改善された災害リスク管理のために、水をきれいにするためのより良い対策を設け、最新の気候変動の脆弱性指数を低下させ、農業部門への依存度が低くなっているという。リスク分析会社によって公開された2016年の気候変動の脆弱性指数で、フィリピンは、ほとんどの気候に脆弱な国として8位だった2015年ランキングから改善されたという。この最新評価では、中央アフリカのチャドは、地球温暖化の影響を最も受けやすい国とみなされ、第二位は、昨年1位だった南アジアのバングラデシュが該当した。11月13日にリリースされた最新の2016 年の調査結果では、極端な気候関連の対策と次の30年間の気候パラメータの変化を想定して186カ国の脆弱性が評価されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存