【フィリピン 16日】 APEC首脳会議でフィリピンに人数で勝る中国代表団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マニラと北京間の海の論争にもかかわらず、約250人の中国代表団は16日に開始する地域随一のビジネスフォーラムに出席するためにフィリピンを訪れている。フィリピンがイベントをホストしているアジア太平洋経済協力会議(APEC )の首脳会議で、中国の代表団は人数においてフィリピン人を上回っている。APECビジネス諮問委員会のドリス・マグサイサイ・ホー委員長は、中国はAPEC首脳会議の代表者数の約25%を占めていると述べた。ホー委員長によると同会議は18日まで続き、 1,000人以上の代表者を有することを特徴としているという。そして西フィリピン海(南シナ海)をめぐる論争をほのめかし、ホー委員長は「この係争問題は、取引から分離されている」と記者団に語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存