【台湾 12日】 高雄のデング熱症例が治まらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

12日、デング熱の流行は、台南の南部の都市では鈍化しているが、それは最新の統計によると、11日に263例の新しいケースを見た高雄の近隣都市では猛威がピークに達していると、中央流行コマンドセンターは発表した。同センターによると、263例の新しいケースによって高雄市でのデング熱症例の総数は9824例に達し、先週から比べて1日の増加数として23例増えているという。逆に台南では、新規症例が41例にダウンして、先週から比べて1日の増加数として13例減っているという。そして台南でのデング熱症例数の合計は22284例となった。これで11日において、全国での新しい症例の報告317例を含み台湾でのデング熱患者数は今年32707例に達したことになる。またこの蚊が媒介する病気での死亡が確認された数は、5月1日以来、150人に達している。毛治国首相は、デング熱対策で高雄を支援するため、疾患のためのワクチンの開発を急ぐよう厚生省に指示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存