【台湾 11日】 台湾のほぼ半分が台中首脳会談が海峡両岸の平和につながると期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近の世論調査によると、回答者の半数には達しなかったが、45.8パーセント以上はシンガポールでの台湾と中国の首脳会談が、クロス台湾海峡関係の平和的発展を支持するという数字が発表された。逆にそうは思わないというのは39.8パーセントだったという。台湾の主要な問題を研究し、前向きな提案を提供することを目指す非営利グループである競争力フォーラムは、11月6-8日に馬総統に関する一連の質問を求められた全国の20歳以上の人を対象に1069人から有効なサンプルを集め、中国本土の習近平氏との歴史的な会議について聞いた。投票結果は、回答者の42.6パーセントがこの首脳会談を支持することを示し、37.5パーセントは反対すると答えた。 また、63.6パーセントはこのような対話のメカニズムを求め、22.8パーセントは必要ないとした。世論調査ではまた、回答者の57.8パーセントが、首脳会談は野党民進党にとって有利になると答え、27.1パーセントが与党国民党の選挙運動を支援するとした。世論調査はプラスマイナス3%ポイントの誤差の余裕を持って95パーセントの信頼水準を持っているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存