【台湾 10日】 3年間で台湾への海外留学生が6割増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

10 日、台湾に来る留学生の数は、教育省が発表した最新の統計によると、過去4年間で60%増加したという。海外からの学生は香港、マカオからも含み、華僑や中国人が多いという。その数は2011年に25107人だったのに対し、 2014年では40078人に増加している。台湾では2011年に中国の学生に広く門戸を開くようになり、2014年度の5881人の中国人学生は、主に企業経営やエンジニアリングでを学んだという。また中国系以外では、ベトナム、インドネシアに続いて、マレーシアからが多かったという。教育省は、その高等教育プログラム輸出の実りある結果を基に、海外からの留学生を登録するための努力をステップアップすると発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存