【台湾 10日】 台湾高速鉄道の3新駅が完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

台湾高速鉄道(株)、高速鉄道の新幹線サービスは、12月から営業を開始するように設定されている3つの新しいステーションを開設し、紹介した。まず苗栗駅は、郡のホウロン郷に位置し、地元の乗降客の永続性と安全性を反映するために、金属のフレームワークを使用しているという。彰化駅での花弁状レイアウトとその周辺の庭園は、台湾の主な花の産地として郡の役割を示すために設計。雲林駅は、森の中にあるイメージを作成することを目的とし、曲線を多用した廊下を持つユニークな外観を持っている。これら3新駅の公共エリアは11月29日まで毎日午前8時30分から午後5時30分までの間、一般に公開され、ガイド付きツアーも電話予約者のために用意されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存