【台湾 6日】 首脳会談には5つの特徴があると馬総統

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

5日、台湾の馬英九総統は、中国の習近平国家主席との7日に行われる会談は、5つの特徴を備えた歴史的なランドマークとなるを発表した。第1は、両国初めての指導者同志の会談であること。台湾と中国は1949年に中国の内戦の終わりに分割して以来、66年間トップレベルの会談は行われていない。より成熟した両岸関係を示し、台湾と大陸双方の指導者が第三国シンガポールで会談することも初めてである。さらに指導者が「ミスター」としてではなく、彼らの公式タイトルによってお互いを呼び合うことに合意することも初めてである。そして総統と国家主席はこの会談において任意の契約または共同宣言すべての問題に署名しないことも特徴であり、この会談は、人民と議会の監督下の前提条件を満たしていることも特徴であると語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存