【台湾 4日】 首脳会談のタイミングは疑わしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

4 日、台湾の野党民主進歩党の鄭運鵬報道官は、中国の最高指導者と台湾総統の会談のタイミングは疑問であると発表した。鄭運鵬報道官は、馬総統が、来る11月7日にシンガポールにて習近平中国国家主席との歴史的なトップ会談を行うには、その前に確認を取らなければならない人物がおり、その確認はまだできていないという。それは毛治國首相であり、曾永權総督府事務総長であるという。そして立法院に4日以降に関連する報告書が提出されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存