【台湾 2日】 2025年に台湾の人口の20%に達する高齢者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

31日、国家発展評議会によれば、高齢者は10年以内に台湾の総人口の20%を占めると予想されるという。国家発展評議会は、65歳以上の年齢層の数は、現在のおよそ464万人から2025年までに178万人が増加すると予想され、台湾の1/5の市民が高齢者になり、超高齢社会に突入するという。また台湾のシニア人口の急速な成長によって、給与を得ている大人3人が10年以内に高齢者1人をサポートすることになると、報告書は述べている。この数字は2040年になるとさらに多くなってくることが予想され、負担はさらに重くなるものと思われる。また保健福祉省が発表した報告書では、台湾の高齢者で自分の世話をする能力を失っている人口は、高齢者人口の全体の20%を占めることを示し約572000人となっているが、2031年には120万人に増加すると予想されている。これにより介護サービスの需要増加に加えて、市場アナリストは、国民が快適な老後のために十分な資金を維持するよう可能な限り早期に彼らの財産を管理する必要があると述べている。CTCB銀行の見積りによると、60歳で引退したい人は、退職前に1100万台湾ドル( 335365米ドルを用意しておく必要があるという。退職後の人生を平均23年とした統計では、需要を満たすために使い捨ての資金約4万台湾ドルも必要となるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存