【フィリピン 30日】 アンティポロ市の公共エリアで無料のインターネット接続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピンは、スマートシティに向かっている。インターネットテクノロジーの現代に、我々は高い恩恵を得ると、アンティポロ市のイナルセス市長は語った。アンティポロ市では、多くの公園など公共の場でWi-Fi環境が整えられるという。利用する市民は、無料のWiFiへのアクセス権を得るために、自分の名前、年齢、住所、メールアドレス、携帯電話番号でユーザー登録して、使用するユーザー名とパスワードを受け取ることになる。各ユーザーの無料インターネット接続には時間制限があるが、再接続することも可能である。無料のインターネット接続を持つ地方政府はまだ珍しいことだが、経済的効果も期待され、この取り組みの結果により、他地域へも影響を及ぼすことが予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存