【フィリピン 29日】 国連担保仲裁廷でフィリピンが一歩リード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

29日、オランダのハーグでの国連担保仲裁廷では、南シナ海の係争問題に対し、全会一致で、北京の主張を退けマニラの歴史的な背景を聞く必要があることを認めた。また国連海洋法条約では、フィリピンと中国の双方が当事者である前提で開催しているので、その条項を遵守すると述べた。これでフィリピンは一歩リードしたことになる。裁判所はまた、一方的に主張する中国の姿勢は、管轄の裁判所に反する行為であり、仲裁を開始したフィリピンの決定は条約の紛争解決手続の乱用ではないとした。これにより裁判所は、すぐにフィリピンの提出資料に基づいて公聴会を招集すると発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存