【台湾 28日】 世界銀行ランキングで台湾が11位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

27日、台湾は世界の銀行「ビジネス2016の業績見込み」ランキングで前年から上昇し、11位を獲得したと、世界的な金融機関が発表した。世界銀行の報告書で、台湾は前年の記録78.73ポイントから80.55ポイントに上昇し、世界ランキングでの合計スコアを伸ばしたが、これはこの一年間、事業環境の改善が評価されたものと思われる。毎年恒例のビジネス環境報告書でのランキングでは、それぞれの国の全体的なスコアを算出するために10の項目を設けている。それは、建設許可を扱う電気を取得し、プロパティを登録し、信用を得て、少数の投資家を保護し、税金を払い、国境を越えた取引を行い、契約を強制し、破産の解決に努め、ビジネスを始めているということだ。世界ランキングでは、シンガポールがトップの座を維持し、次点はニュージーランドでデンマークが3位、4位韓国、5位香港、6位イギリス、7位アメリカ、8位スウェーデン、9位ノルウェー、10位フィンランドとなった。アジア太平洋地域では、台湾は、シンガポール、ニュージーランド、韓国、香港に続いて第5位となった。最新のビジネス環境報告書では、台湾は前年と変わらず、電気のカテゴリで世界の10の要因の中で最も高い位置である2位を獲得している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存