【フィリピン 27日】 中国人殺人事件の容疑者の銃の入手経路は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

27日、アキノ大統領は、セブ島での中国人の殺人容疑者が、フィリピンでは外国人にとって銃器の取得は非常に厳しい条件にもかかわらず犯行を行ったことに対し、銃器を取得することができた管理方法について疑問を呈した。よって犯行を行った二人が、銃器を調達した方法を調査する必要があると、外国特派員フィリピン協会とのフォーラムで述べた。2人の中国の容疑者である外交官は、裁判を受けるために中国にすでに送還されている。10月21日、セブ島のレストランでのランチタイムに、中国総領事は首を撃たれ命は取り留めたが、二人の同僚は死亡している。アキノ大統領は、同じような状況は、他のどこであっても外交官に起こり得る事かもしれないが、それを実現させるための銃器が簡単に入手できる状態は阻止しなければならないと語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存