【台湾 23日】 より密接にホーム介護者を監督するよう政府に要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

22日、台湾政府と地方組織が将来的に虐待の可能性のある事故を防止するために、監督体制を確立するよう協力すべきであると、家族介護者の台湾協会が発表した。協会は、虐待を受けた女性の雇用者によって、彼女が虐待されている映像を記録したインドネシアの介護者の最近のケースに受けて発表となった。家族介護者の台湾協会の陳景寧会長は、国内の介護者は、物理的および感情的なストレスを含む、独自の多くの課題や問題に直面していると述べた。この事件に照らして陳会長は、政府がもはや外国人の介護者とその雇用者が日々直面している状況を無視することはできないとした。協会が提案している介護の監視システムでは、政府が雇用家族に家庭訪問のための概要を説明する必要があるという。スタッフは、外国人介護者の作業能力を評価し、患者の健康状態や生活環境を検査した上で、外国人移住労働者への責任がある雇用主と連絡を取って雇用者を支援することになる。公式統計によると、台湾では約224000人の外国介護者のうち、80%がインドネシア人であるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存