【台湾 20日】 試運転中の高雄ライトレールが脱線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

19日、高雄のライトレールシステムが、この日実行試験中に脱線した。しかし負傷者等は報告されていない。午後12:42にC4停止駅で発生した事故は、第1および第2キャリッジとの間に位置するタイヤの不具合により発生したものと、高雄高速鉄道株式会社は発表した。脱線の原因はスペインの請負業者であるCAFによって現在調査中だという。事故が発生した後、電車の乗客40人はすぐに避難し、試運転用のメインターミナルはC1停止駅にあった別の列車で輸送するよう指示したと、同社は述べている。また今回の事故は、他の試運転による影響を受けたものではないという。高雄のライトレールシステムは、 10月16日から試運転を開始していたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存