【フィリピン 20日】 フィリピンが南シナ海の中国の灯台を非難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィリピンの外交部門は、中国による南シナ海での建設作業は、明らかに現状の条件を捻じ曲げて変更する意図があり、中国の領土主張を強化することを目的としていると非難した。フィリピンは19日に、係争海域での中国のこういった独断的行為による灯台2基の構築に対し中国を批判した。現在行われているASEAN諸国とのフォーラムの最後の週に、南シナ海の緊張を和らげようとする中国に反して、フィリピンの声明は強く発せられ、既成事実としてこれらの一方的な行動を受け入れることは断じてできないとした。問題となっている南シナ海の係争海域は、フィリピンだけでなく、ブルネイ、マレーシア、ベトナム、台湾のものだという主張と中国の主張とが矛盾、対立している。その中でもフィリピンの抗議は強く、現在、国際法廷に問題を提出し、係争中である。現段階ですぐに武力行使に訴えることはないだろうと思われるが、今後中国の強引な主張が変わらない場合、フィリピンが次にどう出るかわからなくなってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存