【フィリピン 16日】 ミリアム・サンティアゴはマルコスと共闘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ミリアム・サンティアゴ上院議員は、フェルディナンド・マルコス・ジュニアこそ、彼女のランニングメイトであると語った。パサイ市で演説した中で、サンティアゴ上院議員は独裁者フェルディナンド・マルコスの息子と同名の人物が副大統領候補として上がった場合、それは間違いないと語った。15日の午後発表された声明では、マルコスはサンティアゴと、単に同盟を組む交渉段階にあったが、それが確定したことになる。両者は、選挙に関する項目を幅広く議論し、可能な提携の話を展開。当選した暁には、議会で再開することになると語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存