【フィリピン 15日】 ミス・フィリピンにジャニセル・ルビナさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

11月に日本で開催される2015年ミス・インターナショナルページェントに出場するフィリピン代表に、ジャニセル・ルビナさんが選ばれた。ミス・フィリピンとなったジャニセル・ルビナさんは、彼女がカナダで先週行われたミスグローブページェントで、優勝したアン・コリスさんに次いで準優勝に輝いた実力者。そして20歳になるジャニセルさんは、ミス・インターナショナルページェントで栄冠を争うため、10月17日に日本へ向けて出発するという。ジャニセルさんの壮行会が14日に行われ、インタビューでこう語っている。「私は自分のことをよく知っています。自分にないものやできないことも。だからこそ、やる気を出して、できる限りの事をして、素晴らしい結果となるように頑張ってきます」と。これまでソーシャルメディアなどで中傷された経験もあるジャニセルさんだが、自分は自分らしく精一杯努めるだけですと、明るく振舞ってくれた。そしてこれまでフィリピン人として優勝してきたジェマテレサ・クルス(1964)、オーロラ・ピジュアン(1970)、メラニー・マルケス(1979)、ビアンカ・マナロ(2005)、ベア・ローズサンティアゴ(2013)に続き、6番目のクィーンとなるよう、さらに自分に磨きをかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存