【台湾 12日】 若い農民が成果を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ナショナルデーの休日の間の11日、100人の若い農民は農業委員会インセンティブ・プログラムの下で新技術やマーケティング戦略を採用することで、たくさんの訪問者を集め台北で展示会を行い、それらの成果を披露した。展示会では、まず45歳の農民が、果物や野菜、加工し農産物と、新開発のインターネット市場のネットワークを紹介して見せた。インセンティブプログラムは農業でのキャリアを開発するために若者を奨励するため、2013年に導入されたと、陳保基農業大臣は語った。毎年、2つの計画を実現するために、プロの相談や支援を受ける協議会は、農業へのキャリアプランを提出した者から100人の若い農業家を選択する。選ばれた者は、3年間の非金利ローンと政府の補助金を受けることができるのだという。過去2年間、理事会は1億3千9百万台湾ドル(420万米ドル)の評価特別融資を準備し、100人の選択された農家を支援して、高度な農業技術とマーケティング戦略を5660人の農業の専門家に指導してきたという。またこれらの若い農民は農村社会への仮想市場を導入しており、多くが成功し、独自のブランドを開発している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存