【台湾 12日】 ヒアリ撲滅で桃園空港を助ける訓練されたビーグル犬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

11日、国立彰化師範大学によって訓練された台湾桃園国際空港の最も熟練した従業員でもある3匹のビーグル犬によって、過去5年間で外来危険昆虫である赤ヒアリの巣を発見、壊滅することができた。2011年以来、空港と国立彰化師範大学との間の契約下で仕事を続けているこれらの検出犬の効率的な仕事は、空港周辺で毒針によって刺す殺人ヒアリのほとんどを根絶することができたという。空港の管理によると、ビーグル犬である9歳のスヌーピー、7歳のミッフィーと4歳のオートミールは早朝の5時に、1日4時間であるシフトを開始し、赤ヒアリの巣を優れた嗅覚で空港のあらゆる場所で探し続けている。滑走路、駐車エプロンやターミナルビルを除く、616ヘクタールの空港エリアは94の赤ヒアリ防止ゾーンに分割されている。この毒針外来種はほとんどが湿度の高い地域で生息し、過去10年間、被害を出している。台湾の北西部の海岸の近くにある桃園空港は、証明が不十分だった昔、多数のアリ塚と巣が発見され、赤ヒアリは、電気機器に重大な損傷を引き起こす可能性があるため、それらを根絶するために早急かつ完全な駆除が求められたという。アリに対処するために、害虫駆除チームは、検出する犬がアリの巣を特定して、巣の外にアリを誘導し、農薬と害虫駆除用ポテトチップを使用して撲滅している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存